「ヒロシマ・音の記憶 Vol.4~継承~」広島公演開催

「ヒロシマ・音の記憶Vol. 4.〜継承〜」広島公演を12月1日(日)14:00~広島大学附属中・高等学校講堂にて開催しました。

 
広島大学附属中・高等学校 正門
hiro-oto-vol.4-1
 
校門脇にある被爆建物の表示版
hiro-oto-vol.4-2
旧制広島高等学校 (爆心地から約2.7キロメートル)
鉄筋コンクリート造の講堂は、木造校舎に挟まれた形で建っていたこともあって、大きな被害は免れました。
 
現在の講堂正面
hiro-oto-vol.4-3
この講堂は広島学生音楽連盟が演奏会に使った会場。今日、現存する唯一の建物。
 
講堂に入って 入口(「ヒロシマ・音の記憶Vol. 4.〜継承〜」)受付
hiro-oto-vol.4-4
 
13:30~ 入場開始
hiro-oto-vol.4-5
 
第1部
ドキュメンタリー映画「音の記憶・つながり」上映
hiro-oto-vol.4-6
hiro-oto-vol.4-7
 
第2部
広島学生音楽連盟が歌っていた「流浪の民」を歌う広島大学附属高等学校・合唱班
hiro-oto-vol.4-8
 
広島学生音楽連盟が東京から招いた歌手が歌ったアリア「ある晴れた日に」を広島大学附属高等学校・管弦楽班をバックに歌うソプラノ歌手乗松恵美さん
hiro-oto-vol.4-10
 
広島出身のプロの音楽家と共演した広島大学附属高等学校・管弦楽班指揮者・加藤君に感想を聞いてみました。
hiro-oto-vol.4-11-2
「プロの音楽家と共演したのは初めて、緊張したがとても勉強になりました」
 
「ヒロシマ、1949年8月6日に寄せる歌」
 英国の詩人、エドマンド・ブランデンによって作詞された。
hiro-oto-vol.4-12
hiro-oto-vol.4-13
歌う乗松恵美さん
 
「ヒロシマ平和都市の歌」
広島出身の詩人、大木惇夫によって作詞された。
広島大学附属高等学校・管弦楽班をバックに広島大学附属高等学校・合唱班と歌う乗松恵美さん
hiro-oto-vol.4-14
 
記念写真
hiro-oto-vol.4-15
 

「ヒロシマ・音の記憶Vol. 4.〜継承〜」広島公演演奏会の様子を伝えた
中国新聞記事(2013年12月2日朝刊)
 
chugoku-np 20131202
 
中国新聞記事は下記をクリックして下さい。
chugoku20131202

 

ヒロシマと音楽

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 63337総訪問者数:
  • 26今日の訪問者数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック