第二期(1952~63年)

>>第一期(1945~51年) >>第二期(1952~63年) >>第三期(1964~76年) >>第四期(1977~85年)
>>第五期(1986~95年) >>第六期(1996~2005年) >>第七期(2006年~) >>全体
1952 交声曲「長崎」 持田勝穂 森脇憲三 ・エリザベト音大短期大学部開校
1952 ノー・モア・ヒロシマズ 陶野重雄 ・「アサヒグラフ」原爆被害写真初公開
1953 平和の蔭に 島内八郎 木野普見雄
1953 原爆乙女の歌 島内八郎 木野普見雄 ・国際医師会議(ウイーン)で草野信男が原爆被害の実態を報告
1953 川の華まん 米田栄作 星出敏一
1953 ああ原爆の思い出 豊岡やす子 ・広島平和国民大会に7600名参加、平和宣言を採択
1953 広島によせて 坂本勉 ・日教組製作映画「ひろしま」公開
1953 平和おどり 西岡水朗 木野普見雄
1953 ああ広島の鐘は鳴る 鈴木政輝 吉田正 ・ソ連初の水爆実験
1953 ほほえみよ還れ(原爆乙女の歌) 佐古美智子 小林三千雄
1953 交響曲第5番「ヒロシマ」 大木正夫
1953 先生のやけど 不明 宗像和
1954 ああ広島に花咲けど 坂口淳 吉田正
1954 原爆を許すまじ 浅田石二 木下航二 ・米原潜ノーチラス号進水
1954 青年行進曲・ピカドンゆるすな、広島を忘れまい 伊藤徳次郎 小林秀雄 ・第5福竜丸、ビキニでの米水爆実験により被災
1954 広島のうたごえ 増岡敏和 村中好穂
1954 交響曲「長崎」 島内八郎 伊藤英一 ・原水爆禁止署名運動全国協議会結成
1954 幾万の 白島きよ 古関裕而
1954 爆風に 小堺吉光 古関裕而 ・世界平和記念聖堂完成
1954 虫の声 越智もん 古関裕而
1954 甦る廣島 三宅辰美 林光 ・第5福竜丸、無線長・久保山愛吉氏死去
1954 誓い(久保山夫人に捧げる) 北城さなえ 宅孝二
1954 水爆犠牲者を忘れるな 関西合唱団 関西合唱団 ・「原爆許すまじ・1954年日本のうたごえ」開催
1954 誓い(久保山愛吉氏への挽歌) 宗像和 宗像和
1954 世界の声 北川幸比古 林光
1954 平和こそわれらのもの くぼききょうた 木下航二
1954 アジア平和行進曲 野間宏 林久雄(小林秀雄)
1954 主婦のうたごえ 北條まこと 宅孝二
1954 八木節(原水爆反対かえうた)
1954 そうらん節(原水爆反対かえうた)
1955 怒りの胸 増岡敏和 木下航二
1955 平和はよみがえる 島内八郎 寺崎良平 ・世界平和協議会、原子戦争準備に反対するウイーンアピール発表
1955 悲しみに苦しみに 阿部静子 村中好穂
1955 わが故郷 増岡敏和 村中好穂 ・東欧7カ国、ソ連とワルシャワ条約調印
1955 原爆を許すまじ・組曲 広島合唱団、われらのうたの会
1955 交響風物詩「未来にまでうたう歌」 米田栄作 市場幸介 ・「ラッセル=アインシュタイン宣言」発表
1955 巷塵「未来にまでうたう歌」より- 米田栄作 市場幸介
1955 ちちをかえせははをかえせ 峠三吉 村中好穂 ・第1回原水爆禁止世界大会広島大会開催
1955 夏雲は何も言わねど 石本美由起 上原げんと
1955 デルタの歌 米田栄作 吉田盈照 ・長崎平和祈念像除幕式
1955 明日の日のために ノヴィコフ ノヴィコフ
1955 腐臭の原 黒岩鉄雄 木野普見雄 ・広島原爆資料館開館
1955 平和広島 中尾都山
1955 平和記念像を讃える歌 松永雅子 寺崎良平 ・原水爆禁止日本協議会(原水協)結成
1955 青年行進曲 小西将己 寺原伸夫
1955 青年行進曲 小西将己 和智操一郎
1955 原爆反対のうた 伏木甲子 伏木甲子
1955 カンタータ「未来にまでうたう歌」 米田栄作 市場幸介
1955 鳩笛 浅田石二 村中好穂
1955 友よ 馬場均 関忠亮
1955 平和のとりで いずみたく いずみたく
1955 元気な子供 中央合唱団 林久雄(小林秀雄)
1955 世界中のともだちよ 宗像和 宗像和
1955 水爆反対節 佐藤広志 佐藤広志
1955 広島を忘れまい 伊藤徳次郎 小林秀雄
1955 組曲「みやじま」より 吉田文五 中野節子
1956 死んだ女の子 ナジム・ヒクメット 木下航二
1956 広島・長崎 村中好穂 村中好穂 ・衆議院、原水爆実験禁止要望決議案を可決
1956 生きていてよかった 阿部静子 村中好穂
1956 平和行進の歌 島内八郎 木野普見雄 ・長崎で第2回原水爆禁止世界大会
1956 いのち焼かれまじ 黒岩鉄雄 木野普見雄
1956 あすの歓びを 黒岩鉄雄 木野普見雄 ・映画「生きていてよかった」完成
1956 交響曲「広島の街は甦る」 米田栄作 田中敬
1956 原爆の基地を許すまい 村中好穂 村中好穂 ・広島原爆病院開院
1956 父をかえせ母をかえせ 峠三吉 多湖功也
1956 母なればこそ 阿部静子 村中好穂 ・衆議院、原爆障害者の治療に関する決議案を採択
1956 遠い昔の 水野潤一 水野潤一
1957 爆心地の鳩 小野十三郎 宗像和
1957 人よ 清水高範 西岡敏雄 ・原爆被爆者医療法施行
1957 広島-1957年 交響組曲 市場幸介 ・日本学術会議、原水爆実験禁止を決議
1957 光は日々に新しく 山田迪孝 田中敬
1957 雨の朝です 関村喜久 木下そんき ・イギリス、クリスマス島で第1回水爆実験
1957 明日はぼくらのもの 窪田享 関忠亮
1957 水爆はいやだ 門倉さとし いずみたく ・茨城県東海村の原子力研究所に第1号原子炉が完成
1957 我等の願い 稚野和英 いずみたく
1958 交響詩「雲」 米田栄作 古屋良男
1958 赤外線、生命を愛しむ 福田須磨子 木野普見雄 ・ビキニ記念共同行動デー
1958 憎しみよ輝け 新宿合唱団 木下そんき
1958 声高く 築城由二 芥川也寸志 ・ソ連、核実験の停止声明
1958 この声きけ 関忠亮 関忠亮
1958 原子戦争ないように 大江将精 木下そんき ・原水爆禁止を訴える広島・東京間1000キロ平和行進出発
1958 千羽鶴に捧げるレクイエム 米田栄作 山崎登
1958 原爆の子 和田享子 波多野正己 ・米・英、核実験の条件つき1年間停止を発表
1958 原爆小景第一部〈水ヲ下サイ〉 原民喜 林光
1958 歌曲集 原子野 福田須磨子 木野普見雄
1958 オラトリオ「ナガサキ」 米田栄作ほか アルフレッド・シュニトケ
1959 明けゆく長崎 北村西望 寺崎良平
1959 原爆の若妻 不詳 不詳 ・ビキニ被災5周年・原水爆禁止・核武装反対国民大会
1959 カンナ 大島寿一 諸井昭二
1959 原民喜 おきはるを
1959 峠三吉の詩による混声合唱のための主題と変奏 峠三吉 岡田和夫 ・原水協『原爆被害者白書』発表
1959 愛の歌(原爆詩集) 山田迪孝 宮原禎次
1959 長崎の兄妹 野村俊夫 古関裕而
1959 つぶやきをささやきを声にしよう 窪田享 小林秀雄
1959 平和行進 岡山合唱団、石原祐子 石原秀雄
1959 むかし空は 金森久城 関忠亮
1959 ヒロシマ 関鑑子 M.ブランテル
1959 雲が人々を殺さぬように ナジム・ヒクメット 岡田京子
1959 平和を祈り御霊をしずめん 大木惇夫 西岡敏雄
1959 平和のちかい 木下そんき 木下そんき
1960 花には太陽を子供らには平和を 木下そんき 木下そんき
1960 御魂よ、地に泣くなかれ 不詳 ・仏サハラで第1回原爆実験
1960 平和の歌 不詳
1960 ひろしまは 清水高範 西岡敏雄 ・新安保条約発効
1960 私は広島を証言する 八島藤子 尾上和彦
1960 広島の犠牲者の追悼のための-哀歌 クシシュトフ・ペンデレツキ ・池田勇人内閣成立
1960 みんなの指で字を書こう 岩田宏 林光
1960 ヒロシマのオルフェ(暗い鏡) 大江健三郎 芥川也寸志
1960 呼びかけの輪唱 木下そんき 木下そんき
1960 ふりそそげ春の日 木下そんき 関忠亮
1960 国民平和行進をうたう 岩田光広 鈴木敏夫 ・米、ケネディが第35代大統領に当選
1960 愛と生命の歌~広島の橋の上で~ G.アンデルスほか ルイジ・ノーノ
1960 ズボニー・ナガサキ(長崎の鐘) ズエニエック・ウヘリール
1961 折鶴むねに 川路隆示 寺原伸夫
1961 太田川物語 三宅辰美 仲勇吉 ・被団協「被爆者援護法要求国会請願大会」初のデモ行進
1961 空はいつも流れている 清水高範 永井主憲
1961 巷塵-「未来にまでうたう歌」より- 米田栄作 升田徳一
1961 原爆の碑によせて 原爆慰霊碑面 宗像和
1961 へいわをかえせ 峠三吉 宗像和
1961 人間をかえせ(グランド・カンタータ) 峠三吉 大木正夫
1961 平和行進の歌 近藤めぐみ 谷口武士
1962 3月1日の歌 焼津青年合唱団 泉三吉
1962 平和こそ世界の守り 中央合唱団 関忠亮 ・池田首相、米大統領ヶネディに核実験停止要請の親書
1962 いますぐ世界に平和を 中央合唱団 木下航二
1962 広島は許さない 中央合唱団 寺原伸夫 ・第8回原水爆禁止世界大会、ソ連の核実験再開をめぐり大会は混乱、分裂状態で解散
1962 平和のために 中央合唱団 川路隆示
1962 折鶴 森田八重子 木下航二
1962 街は生きている(交声曲) 清水高範 横山青二 ・社会党・総評など原水爆禁止運動連絡会議を結成
1962 挽歌 清水高範 千葉修也
1962 組曲「瀬戸内」 宮下秀冽
1962 眠れ幼き魂(合唱組曲) 保富康午 佐藤真
1962 死の灰 大木惇夫 佐藤真
1962 久保山愛吉の墓碑銘 久保山愛吉の墓碑銘 ヘルベルト・アイメルト
1962 アメリカ帝国主義をたたきだせ 荒木栄 荒木栄
1962 平和・ひろしま・愛のまち 夢丘薫 山内秀夫
1963 こぶし 日本のうたごえ実行委員会 関忠亮
1963 ひろしま-管弦楽と人声のための作品 まきごろう 前田和男 ・ビキニ被災9周年集会焼津全国集会中止
1963 Uに贈る悲歌 原民喜 林光
1963 おいらはタンポポ 不詳 不詳 ・米・英・ソ三国、部分的核実験停止条約調印
1963 怒りを胸に 中央合唱団 中央合唱団
1963 広島に集まろう 広島合唱団 広島合唱団 ・広島市民交響楽団スタート
1963 祖国に平和を 高川文子 伊勢うたごえ教室
1963 広島へ行こう 林学 林学
1963 原爆をつくるな さわむらたかし
1963 団結かたく 全国創作会議、大西進 大西進
1963 怒りを炎に 中央合唱団 中央合唱団
1963 ポラリスくるな 第二回全国創作会議 第二回全国創作会議・林学 ・東京地裁、原爆訴訟に対し「原爆投下は国際法違反だが損害賠償請求権はない」と判決
1963 ぐんとつきだせみんなのこぶし 日本のうたごえ実行委員会 関忠亮
1963 レクイエム ポリネシア・マンガヤ島住民 三木稔
1963 平和のうた 森田ヤエ子 大西進
1963 折鶴 森田八重子 木下航二

 

原爆音楽の軌跡 第二期(1952~63)
2016年11月7日 更新  随時、追加・修正をおこないます。

●  関連年表:参考文献
芝田進午ほか編『反核・日本の音楽』汐文社、1982年
中国新聞社編『年表 ヒロシマ~核時代五十年の記録~』 メディア開発局出版部 1995年
室伏哲郎著 現代用語の基礎知識2003別冊付録『ニッポン風俗・芸能グラフィティ』自由国民社2003年

ヒロシマと音楽