シンポジウム「『戦争/暴力』と人間ー美術と音楽が伝えるもの」詳細

シンポジウム「『戦争/暴力』と人間―美術と音楽が伝えるものー」についての詳細は下記の通りです。

【日時】2018年9月1日(土)午後1時30分〜午後5時
【会場】原爆の図 丸木美術館(埼玉県東松山市)
【参加費】500円(美術館入館料別途800円)
【概要】
 司会/コメンテーター:柿木伸之
  記録映画「原爆の図」上映(1953年、監督:今井正・青山通春、音楽:大木正夫)
  登壇者による発表
  ・岡村幸宣:不可視の「暴力」を可視化する絵画の「暴力性」
  ・飯田高誉:戦争と芸術―芸術作品は人間存在の不条理を映し出す鏡となれるのか
  ・加納遥香:大木正夫・交響曲第6番≪ベトナム≫:作曲の試みと作品の多義性
  ・能登原由美:語らない「ヒロシマ」〜音楽が伝えるもの〜
      **休憩**
  コメンテーターによるコメントとディスカッション

                                  以上

申し込みは不要です。ぜひご来場ください。

シンポジウム「『戦争/暴力』と人間ー美術と音楽が伝えるもの」のお知らせ

原爆の図丸木美術館(埼玉県東松山市)にて、シンポジウム「『戦争/暴力』と人間ー美術と音楽が伝えるもの」が下記の内容で開催されます。

ご興味のある方はぜひお越しください。

            記

 テーマ:「戦争/暴力」と人間 〜美術と音楽が伝えるもの〜
 日時:2018年9月1日(土)13時30分〜17時頃
 会場:原爆の図丸木美術館(埼玉県東松山市)
 登壇者:飯田高誉(スクールデレック芸術社会学研究所所長)
     岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)
     加納遥香(一橋大学大学院博士課程在籍)
     能登原由美(「ヒロシマと音楽」委員会委員長)
 司会・コメンテーター:柿木伸之(広島市立大学教授)
 概要:記録映画「原爆の図」上映(約17分)
    登壇者による発表
    コメンテーターによるコメントとディスカッション
 趣旨:
 21世紀に入り、頻発するテロや排他的な国家主義の台頭が新たな戦争の脅威をもたらす一方で、教育格差や貧困の拡大、潜在する差別や不寛容な態度の広がりなど、日常の生活にも様々な形の暴力が広がっています。つまり、私たちは実際の戦火こそ免れているとはいえ、社会の水面下に蔓延する暴力に日々晒されていると言えますが、それに対して私たちは無自覚であることが少なくありません。
 こうした、言わば「見えない戦争/暴力」については、芸術がしばしばその存在を露わにしてきました。その一方で、プロパガンダ芸術などに明らかなように、暴力を「見えなく」してきたのも芸術です。このように、芸術には対極的な二面性がありますが、それらを突き詰めると、実は私たち人間の内面に潜む暴力の存在に突き当たるのかもしれません。
 このシンポジウムでは、長年にわたり「戦争/暴力」の芸術表現を研究してきた美術と音楽の専門家が集まり、芸術作品を通して「戦争/暴力」と人間について議論します。
 参加費:500円(美術館入館料別途800円)
 問い合わせ:音筆舎(onpitsusya@yahoo.co.jp)

チラシは下記(クリックすると大きく表示されます)
180901symposiumのコピー

『広島市被爆70年史』の刊行と特論「広島と音楽」

広島市が平成26年度から編纂を進めていた『広島市被爆70年史 あの日まで そして、あの日から 1945年8月6日』が刊行されました。

その中で、「特論 広島と音楽」を委員長の能登原由美が執筆しています。ここでは明治から平成までの広島における音楽(洋楽)の歴史について、資料調査で明らかになった新たな史実と写真資料などを紹介しています。

本書全体は、A4判800頁でDVDの映像資料付きですが、税込3,900円と個人でも手の届く値段となっております。20年ぶりの市史刊行だそうですが、新たな調査で明らかになった史実や項目・視点の追加、発見された写真資料などが全編を通じて盛り込まれ、かなり充実した内容となっております。

本書の詳細な内容や購入方法につきましては、下記の広島市のホームページをご参照ください。

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1532589098071/index.html

原田宏司(初代委員長)による講演などのお知らせ

当委員会の初代委員長で、現在は広島文化学園大学特任教授・広島大学名誉教授の原田宏司の基調講演「音楽はいかにヒロシマを伝えてきたか」が、6月9日(土)に広島で行われる日本音楽表現学会第16回大会にて開催されます。

さらに基調講演に続いて、レクチャー・コンサート「原爆の記憶と音楽」も開催されます。コンサートでは、現委員長の能登原由美が解説を行うとともに、事務局長を務める光平有希が司会を務め、さらに委員会メンバーの乗松恵美も出演します。
23年前に当委員を設立した時の中心メンバーだった原田元委員長による、「ヒロシマ」の音楽についての久方ぶりの講演。また、その音楽について解説と実演の双方から紹介する貴重な機会にもなりますので、ぜひお越しください!

         記

【日本音楽表現学会 第16回(折り鶴)大会】
2018年6月9日(土)〜10日(日)
於:広島文化学園大学長束キャンパス(広島市安佐南区長束西3丁目5-1)
参加費:学会員5000円、当日参加(一般)3000円/1日・(学部学生)2000円/1日

【基調講演およびレクチャー・コンサート】の詳細
6月9日(土)13:20-15:20
於:広島文化学園大学長束キャンパス 本館5階音楽講義室
(プログラム)
基調講演:
 原田宏司「音楽はいかにヒロシマを伝えてきたか」
レクチャー・コンサート:
 「原爆の記憶と音楽」
  I. 被爆体験と音楽
  II. 原爆詩と音楽
  III. 反戦詩と作曲家
  出演:末永雅子(ピアノ)  高旗健次(ヴァイオリン)
     乗松恵美(ソプラノ) 多田愉可(ピアノ)
     合唱団ある      恩田絵美(ピアノ)
  企画・解説:能登原由美
  司会:光平有希
(注)講演、コンサートのいずれも学会への参加費用(上記)が必要となります。

なお、詳細については、音楽表現学会のサイト(下記)をご参照ください。
URL:http://www.music-expression.sakura.ne.jp/

「広島の音楽史」調査に関連する研究発表のお知らせ

「広島の音楽史」に関する調査の一環として、当会委員長の能登原由美が広島芸術学会第122回例会にて研究発表を行います。

     記

広島芸術学会第122回例会

日時:2018年3月21日(水祝)14:30〜17:15
会場:広島大学(東広島キャンパス)学生プラザ4階 多目的室1・2
  (JR西条駅から「広島大学」行きのバスで「広大西口」下車、広島大学総合科学部C棟北側の白い建物内)

能登原の研究発表題目と要旨:

「明治期の広島における洋楽普及のネットワーク〜一次史料の調査をもとに〜」

 現在、日本で耳にする音楽の多くは、明治期に入り欧米から取り入れた音楽をもとにしたものである。開国により欧米の文化に触れた日本は、音楽についても政府主導の下、軍事、教育の場を中心に西洋の音楽(以後、洋楽と略)を普及させる政策を行った。とはいえ、全く異質の文化を浸透させるには相当の時間と労力を要したであろうことは想像にかたくない。とりわけ、広島のような地方都市に対して中央政府の方針や意向がどのように伝達されたのか、交通網や情報網が発達していなかった当時の社会状況を鑑みながら考えてみる必要があるだろう。明治維新から150年を迎える今年は、日本への洋楽流入が本格化してから150年という年でもある。そこで本発表では、日本における洋楽150年の歴史の中でもその草創期に当たる明治期に焦点を当て、新しい音楽文化が地方の社会に浸透していくまでの過程について明らかにする。
 近年、日本における洋楽の普及と受容に関する研究は、東京を中心としたものから各地方都市における研究へと広がりつつあるが、広島については人物や団体などに焦点を当てた個別研究にとどまっている。そこで、本研究では「普及」という視点から全体を俯瞰するべく、新聞・雑誌などの一次史料の調査を行った。その結果、中央から洋楽が伝達されるネットワークにおいて学校教育界と民間では大きく異なることが明らかとなった。本発表ではさらに、こうした違いが洋楽の普及と浸透にどのような意義をもつのかについても考察を試みたい。

以上

その他の発表内容など、当日の詳細につきましては広島芸術学会の案内文をご参照ください(下記をクリック)
広島芸術学会第122回例会案内

シンポジウム登壇のお知らせ

下記のシンポジウムにて、能登原由美が「ヒロシマ」の音楽に関連する発表を行います。

立命館大学大学院先端総合学術研究科 
「音楽と社会」研究会主催

シンポジウム:
「音楽すること」が生み出すものーー記憶からのアプローチ

日時:2018年2月11日(日)13:00〜17:00

場所:立命館大学 衣笠キャンパス諒友館829号

内容:
基調講演 13:00〜15:00 

(1)小泉恭子(大妻女子大学/音楽社会学)
  「社会に耳をすますーー記憶の音風景」

(2)能登原由美(「ヒロシマと音楽」委員会/音楽学・西洋音楽史)
  「『ヒロシマ』を歌うのは誰なのか?ーー音楽と記憶、その主体」

(3)中村美亜(九州大学/芸術社会学)
  「音楽表現を通じた記憶の再編とエンパワメント」

ディスカッション 15:15〜17:00

各発表の要旨ほか詳細につきましては、下記の研究会のサイトをご参照ください。
http://www.r-gscefs.jp/?p=7842

第5回 四十雀賞授賞式・受賞記念講演会の報告

第5回 四十雀賞授賞式・受賞記念講演会の報告

2017年11月21日一橋大学東キャンパス国際研究館4階大講義室にて「ヒロシマと音楽」委員会は、一橋大学大学院言語社会研究科小岩信治教授(音楽学)の研究室より第5回四十雀賞をいただくことになりました。授賞式には「ヒロシマと音楽」委員会委員長の能登原由美が出席し、記念講演も行わせていただきました。

IMG_20171128_0002
「四十雀賞」の授賞式で賞状いただきました。

IMG_20171128_0004
また、副賞の「四十雀」の置物をもいただきました。

「ヒロシマと音楽」委員会委員長の能登原由美のコメントです。

さる11月21日、一橋大学にて「四十雀賞」の授賞式と記念講演会があり、委員長として私、能登原由美が出席して参りました。学生や卒業生の皆様のほか、小岩信治先生をはじめゼミに関係する先生方が私たち委員会の活動に大きな関心をもってくださり、講演会での質疑応答に続いて、懇親会、二次会の場でも熱心な質問や意見交換の場をいただくことができました。そもそも、広島以外の地でこのように関心をもってくださる方がいるとは思いもよらなかったのですが、さらに若い方々が非常に熱心に話を聞いてくださったことにも驚きました。このように評価をいただけることは大変栄誉あることですが、何よりもゼミの皆様との出会いは新たな活動のきっかけとなる、大変貴重なものとなりそうです。この機会を無駄にせぬよう、新たな展開を模索して参りたいと思いますので、ぜひ今後の活動にご期待ください。

最後に、小岩先生、また小岩ゼミの皆様、この度は本当にありがとうございました。

 

四十雀賞について
創設:2013年6月
賞の概要:本邦の音楽文化に大きな貢献を果たした活動に送られる賞。選考委員は一橋大学大学院言語社会研究科小岩研究室ゼミ有志から構成される。
名称の由来:賞の名称の由来は、一橋大学のある国立市の「市の鳥」である四十雀の鳴き声が大変美しく、音楽文化に与える賞としてふさわしいとされたため。 また「七つ下がりの雨と四十雀の恋は止まない」という言葉もあり、音楽を愛し飽くなき探求心を持つ人々を応援したいという意図も込められている。

受賞団体紹介 「ヒロシマと音楽」委員会
「ヒロシマ」をテーマに数多くの作曲者が残してきた音楽作品を未来に継承するために、株式会社中国放送と音楽関係者、広島市関係機関が協同して1995年に立ち上げた市民団体。2004年3月までに全1867曲をデータベース化、その収集・調査の成果は「ヒロシマと音楽」(汐文社、2006)にまとめられている。

講演者 能登原由美 氏
「ヒロシマと音楽」委員会現委員長。同委員会設立以来、データベース作成作業に携わる。2003年広島大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。専門は音楽学で、研究対象は「ヒロシマ」の音楽のほか、イギリス音楽史、日本近代の洋楽受容史。

授賞理由
同委員会は「ヒロシマ」をテーマとした音楽作品を未来に継承するために、ジャンル、時代ともに多岐にわたる作品をデータベース化してきました。このアーカイブは作品の発信や研究活動にもつながっています。日本の戦後音楽史に一つの新たな視点を与え、音楽を通して歴史を現在、未来に生かす本活動に対し、当研究室は2017年度四十雀賞を授与します。

(「第5回 四十雀賞授賞式・受賞記念講演会」のチラシ より)

 

 

四十雀賞授賞式・受賞記念講演会のチラシが出来ました

 

11月21日に行われる「第5回 四十雀賞授賞式・受賞記念講演会」のチラシができました。

同授賞式・講演会には「ヒロシマと音楽」委員会から能登原由美委員長が出席します。

日時 :  11月21日火曜日15時30分

場所 :  一橋大学東キャンパス国際研究館4階大講義室

flier

一橋大学小岩信治研究室
( ご出席の場合、念のため事前にお知らせいただけると助かります。
         メール:s.k01wa@r.hit-u.ac.jp )

四十雀賞について
創設:2013年6月
賞の概要:本邦の音楽文化に大きな貢献を果たした活動に送られる賞。選考委員は一橋大学大学院言語社会研究科小岩研究室ゼミ有志から構成される。
名称の由来:賞の名称の由来は、一橋大学のある国立市の「市の鳥」である四十雀の鳴き声が大変美しく、音楽文化に与える賞としてふさわしいとされたため。 また「七つ下がりの雨と四十雀の恋は止まない」という言葉もあり、音楽を愛し飽くなき探求心を持つ人々を応援したいという意図も込められている。

受賞団体紹介 「ヒロシマと音楽」委員会
「ヒロシマ」をテーマに数多くの作曲者が残してきた音楽作品を未来に継承するために、株式会社中国放送と音楽関係者、広島市関係機関が協同して1995年に立ち上げた市民団体。2004年3月までに全1867曲をデータベース化、その収集・調査の成果は「ヒロシマと音楽」(汐文社、2006)にまとめられている。

講演者 能登原由美 氏
「ヒロシマと音楽」委員会現委員長。同委員会設立以来、データベース作成作業に携わる。2003年広島大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。専門は音楽学で、研究対象は「ヒロシマ」の音楽のほか、イギリス音楽史、日本近代の洋楽受容史。

授賞理由
同委員会は「ヒロシマ」をテーマとした音楽作品を未来に継承するために、ジャンル、時代ともに多岐にわたる作品をデータベース化してきました。このアーカイブは作品の発信や研究活動にもつながっています。日本の戦後音楽史に一つの新たな視点を与え、音楽を通して歴史を現在、未来に生かす本活動に対し、当研究室は2017年度四十雀賞を授与します。

<お問い合わせ先> 一橋大学大学院言語社会研究科小岩信治研究室
                E-mail s.k01wa@r.hit-u.ac.jp

 

第5回四十雀賞 授賞式・受賞記念講演会のお知らせ

「ヒロシマと音楽」委員会は、一橋大学大学院言語社会研究科小岩信治教授(音楽学)の研究室より

第5回四十雀賞をいただくことになりました。

その授賞式・受賞記念講演会が下記の日程で開催されることになりました。

      記

日時:11月21日火曜日15時30分
場所:一橋大学東キャンパス国際研究館4階大講義室

授賞式には委員長の能登原由美が出席するとともに、その後の記念講演も行わせていただきます。

なお、入場無料のようですが、人数把握のため、来場希望者は予め小岩教授の研究室にお伝えする必要があるようです。

来場を希望される方は、下記の小岩研究室ホームページにご連絡ください。

https://www.facebook.com/musicology.koiwa/

また、同賞の受賞理由について下記に転載いたしますのでご覧ください。

【2017年度 四十雀賞受賞者決定】

当研究室では、本邦の音楽文化に貢献した個人・団体を毎年1組(1名)表彰し「四十雀賞」を授与しています。選考はゼミ生(大学院・学部共通)が行います。過日、本年度(第5回)の受賞者を下記のとおり決定しました。授賞式・記念講演会については追ってお知らせいたします。

受賞者 「ヒロシマと音楽」委員会
授賞理由
「ヒロシマと音楽」委員会は、「ヒロシマ」「反核」などをテーマに数多くの作曲家が残してきた音楽作品を未来に継承するために、広島の放送局である株式会社中国放送と音楽関係者、さらに広島市関係機関が協同して1995年に立ち上げた市民団体である。終戦直後から現在に至るまで、1945年8月6日に原子爆弾が投下された広島をめぐり、国内外の作曲家や市民の手によってその惨状や復興、平和への希望を謳う多くの音楽作品が生み出されてきた。同委員会は「ヒロシマ」「原爆」「核兵器廃絶」などをキーワードとして、ジャンル(ポピュラー、歌謡曲、クラシック、邦楽、民謡など)・時代ともに多岐にわたる膨大な作品の収集、整理活動を行い、2004年3月までに全1867曲をデータベース化した。その収集・調査の成果は『ヒロシマと音楽』(汐文社、2006)にまとめられている。
同委員会が作り上げたアーカイブは、まずヒロシマをめぐる音楽についての調査研究を可能にしている。現委員長の能登原由美氏は著書『「ヒロシマ」が鳴り響くとき』(春秋社、2015)を出版し、戦中、戦後を生きる人々の手により生み出されてきた「ヒロシマ」音楽の歴史を再構築し、政治性の強い反戦・反核運動にとどまらない「ヒロシマ」音楽、歴史の理解と未来への希望としての「ヒロシマ」音楽のあり方を提示した。また同委員会は2010年以降、毎年「ヒロシマ・音の記憶」コンサートを開催し、目まぐるしく移り変わる歴史の流れの中に埋もれていった数々の作品に音楽としての息吹を与えながら、それらを後世に伝えている。
「ヒロシマ」というキーワードの下、ジャンルやプロ/アマチュア、日本人/外国人というような垣根を取り除いた形で行われた同委員会のアーカイブ作業は、日本の戦後音楽史に一つの新たな視点を与えたと評価できる。また、戦後70年以上が経過し原爆投下をはじめとした戦争体験が遠い過去へと去っていく中で、音楽作品を遺産にせず、音楽を通して歴史を現在、未来に生かしていく「ヒロシマと音楽」委員会の活動は日本の音楽文化への大きな貢献と言えよう。これらの功績に対して当研究室の所属ゼミ生は本年度の「四十雀賞」を授与したい。

2017年7月18日

一橋大学大学院言語社会研究科
小岩信治ゼミナール・研究室一同

2017年度の「四十雀賞」を受賞しました!

「ヒロシマと音楽」委員会のこれまでの活動が評価され、

第5回「四十雀賞」(2017年度)を受賞することになりました!

この賞は、一橋大学大学院言語社会研究科小岩信治教授(音楽学)の研究室が

日本の音楽文化に貢献した個人/団体を選んで授与しているもので、

今年度の受賞が当委員会に決まったとのことです。

被爆50周年の1995年に、前身となる「ヒロシマと音楽」実行委員会が発足してから、

改組やメンバーの交替を経ながら22年にわたって活動を続けて参りましたが、

私たちの活動が日本の音楽文化に貢献したと評価され、メンバー一同大変喜んでおります。

同時に、受賞を機にこれまでの活動を今一度振り返って反省するとともに、

これからの活動のバネにしていきたいと考えております。

このような名誉ある賞を授与してくださった小岩研究室の皆様に心より感謝するとともに、

これまで厳しく暖かい言葉で当委員会を支援してくださった方々にはこの場でご報告し、

御礼の気持ちをお伝えしたいと思います。

ありがとうございました。

今後とも叱咤激励のほど、よろしくお願いいたします。

    2017年8月7日

    「ヒロシマと音楽」委員会 委員長 能登原由美

本賞の詳細や、受賞理由については、小岩研究室のホームページでご覧いただけます。

下記のURLをクリックしてください。

https://www.facebook.com/musicology.koiwa/

1 2 3 11

ヒロシマと音楽

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 79114総訪問者数:
  • 61今日の訪問者数:
  • 91昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック