第51回原爆文学研究会 の案内

第51回原爆文学研究会 の案内

 

第51回原爆文学研究会で「ヒロシマと音楽」委員会委員長の能登原由美が下記の報告を行います。

「音楽における原爆の表象ー原爆詩の扱いとその変遷に着目してー」

 

第51回原爆文学研究会は下記の場所で開催されます。

日時:2016年12月24日(土)12:00~18:45

場所:神戸センタープラザ 17号会議室(センタープラザ西館6階)

プログラム

 11:30 開場

12:00 開会・自己紹介

12:20 研究発表1 林京子:核と帝国と日本人娼婦山﨑信子

13:40 (休憩15分)

(リーハイ大学・米国)

13:55 研究発表2 音楽における原爆の表象―原爆詩の扱いとその変遷に着目して― 能登原由美

15:15 (休憩15分)

(「ヒロシマと音楽」委員会委員長)

15:30 研究発表3 台湾現代文学における「核」の表象李文茹

16:50 (休憩15分)

(淡江大学・台湾)

17:05 原爆文学「古典」再読4―峠三吉『原爆詩集』発題者:川口隆行(広島大学)野坂昭雄(山口大学)

18:45 事務連絡・閉会

19:00 懇親会

※今回はご宿泊については特にご案内しておりません。JR三宮駅周辺の宿泊施設に各自で早めにご予約ください。

※当日は2017年会費(3000円)を集めますのでご用意ください。

※当日同会場にて10:30より世話人会を開催します。世話人のみなさまは定刻までにお集まりください。

 

(詳しくは下記をクリックしてpdfをご覧ください)

原爆文学研究会HP→ http://www.genbunken.net
原爆文学研究会HP→原爆文学研究会HP

 

 

ヒロシマと音楽

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 56385総訪問者数:
  • 49今日の訪問者数:
  • 58昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック