2014年度芸備地方史研究会大会 ~近代広島の音楽史構築をめざして~

  • 2014年度芸備地方史研究会大会
    ~近代広島の音楽史構築をめざして~

1 日時 2014 年7 月27 日(日)10:00 ~

2 会場 呉市広市民センター5 階大会議室 (呉市広古新開2 丁目1-3)TEL:0823-71-2151

3 行事予定

  • 9:30 ~ 開場
    10:00 ~ 10:10  開会
    10:10 ~ 12:10  研究報告
    12:10 ~ 12:40  芸備地方史研究会総会○バス;「広支所」下車、徒歩1 分
    12:40 ~ 13:30  休憩○JR;「新広駅」下車、徒歩1 分
    13:30 ~ 17:00  シンポジウム※来場の際は公共交通機関をご利用ください
    ※本年は弁当販売を行いません(会場内飲食可)

4 研究報告

  • ○松井今日子「中国山地の囃し田における所作の歴史的展開について」
    ○梶山俊二「藤井清水とふるさと広島」
    ○坊田謙治「童謡作曲家坊田かずまの生涯」

5 シンポジウム「戦前の広島における洋楽の普及」

  • ○報告① 竹下可奈子(広島大学大学院教育学研究科博士課程後期)
    「『呉新聞』にみる呉海兵団軍楽隊―大正13 年から昭和6 年までに焦点を当てて―」
    ○報告② 光平有希(総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻博士後期課程)
    「広島女学校音楽部の活動に関する一考察
    ―『米国南メソジスト監督教会年報及び議事録』を中心に―」
    ○報告③ 大迫知佳子(日本学術振興会海外特別研究員(ブリュッセル自由大学))
    「大正から昭和初期の広島における丁未音楽会の活動
    ―新聞・写真・私家版『廣島の音樂五十年未定稿』の考証を中心に―」
    ○報告④ 能登原由美(広島大学総合科学部非常勤講師)
    「広島の洋楽普及における放送メディアの役割
    ―広島中央放送局開局時の自局制作番組にみる―」

司会:     石田雅春(広島大学文書館助教)
コメンテーター:片桐功(エリザベト音楽大学教授)

※参加費無料。事前の申し込みは不要です。※お問い合わせは芸備地方史研究会まで。

【主催】 芸備地方史研究会
〒739-8522 東広島市鏡山1-2-3 広島大学大学院文学研究科内
TEL:082-424-6643(FAX 兼用) e-mail:geishi@hiroshima-u.ac.jp
HP:http://home.hiroshima-u.ac.jp/geishi/
【共催】 広郷土史研究会
【後援】 広島県教育委員会、呉市教育委員会

下記のポスターをご利用下さい。
~近代広島の音楽史構築をめざして~

ヒロシマと音楽

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 196624総訪問者数:
  • 56今日の訪問者数:
  • 72昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2024年5月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック