平和への祈り込め CD「世界祈りの日」 発売

平和への祈り込め CD「世界祈りの日」 発売

被爆50周年の年、「ヒロシマと音楽」実行委員会が依頼して “ ひろしま希望の鐘 ” のオルゴール曲を作曲されたオルゴール作曲家・橋本勇夫さんは被爆70年の節目に「世界祈りの日」を作詞・作曲。CDとして販売。
CDはオルゴールバージョンも入り1080円。橋本さんが経営する広島市中区の店舗「グリム」で販売しています。 グリム☎ 082-221-4976。
sekai inorinohi世界祈りの日

合唱: 広島市立幟町小学校合唱クラブ
    広島平和記念公園にある原爆の子の像のモデルともなっている佐々木 禎子(ささきさだこ)さんの母校
指揮/平田 敬 ピアノ/末政優依

「世界祈りの日」   作詞・作曲:橋本勇夫  2014.12.20

川の流れは清く     静かな土手の道
あの日はかなく消えた  大切な命

明日のほほえみ信じ    世界の子供達と
深い平和を祈る     8月6日の朝

緑豊な大地       小さな花が咲き
深い平和を祈る     8月6日の朝

メッセージ
20年前 被爆50年を迎えるにあたり「ひろしまと音楽」実行委員会の依頼でオルゴール用に“ひろしま希望の鐘”という曲を作りました。
当時 広島RCCラジオの企画番組テーマ曲として毎週放送されました。今年は被爆70年という節日であり、音楽活動で生かされている私としては他からの依頼があるなしにかかわらず広島に生まれ育った宿命を感じ、自ら率先して音楽を通し広島発の平和メッセージを発することにしました。

曲目解説
昔のいまわしい過去をぬぐい去ったかの如く
広島平和公園側の川は清らかに澄んでいる。
しかし忘れてはならない。
伝えなくてはならない。
次の世代の子供達にも・・・。
また8月6日を・・・。
世界中の国々の人達が
「平和を願い祈る日」として欲しい。
このような熱い想いから生まれた詞とメロディです。

恒久の平和を願いつつ広島から・・・。
                    橋本勇夫

中国新聞で紹介されました。

2016年4月9日 中国新聞記事

平和への祈り込め CD
オルゴール作曲家 橋本勇夫

広島市西区のオルゴール作曲家橋本勇夫=写真=がヽ平和を願う曲「世界祈りの日」のCDをリリースした。
市内の平和記念公園からの帰り道、元安川の土手を歩いていて浮かんだという。「川の流れは清く 静かな土手の道 あの日はかなく消えた 大切な命」。原爆犠牲者に思いをはせながら、平和への祈りを込めた歌詞をゆったりしたメロディーに乗せた。
2014年12月に作曲し、被爆70年の昨年、幟町小合唱クラブが市役所で初披露。CD化を望む声を受け、ことし2月に同クラブの合唱を録音した。
CDはオルゴールバージョンも入り1080円。橋本が経営する広島市中区の店舗「グリム」で販売する。グリム☎ 082-221-4976。   (余村泰樹)
(2016年4月9日 中国新聞 より)

 

ヒロシマと音楽

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 71883総訪問者数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 42昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック