シンポジウム「『戦争/暴力』と人間ー美術と音楽が伝えるもの」詳細

シンポジウム「『戦争/暴力』と人間―美術と音楽が伝えるものー」についての詳細は下記の通りです。

【日時】2018年9月1日(土)午後1時30分〜午後5時
【会場】原爆の図 丸木美術館(埼玉県東松山市)
【参加費】500円(美術館入館料別途800円)
【概要】
 司会/コメンテーター:柿木伸之
  記録映画「原爆の図」上映(1953年、監督:今井正・青山通春、音楽:大木正夫)
  登壇者による発表
  ・岡村幸宣:不可視の「暴力」を可視化する絵画の「暴力性」
  ・飯田高誉:戦争と芸術―芸術作品は人間存在の不条理を映し出す鏡となれるのか
  ・加納遥香:大木正夫・交響曲第6番≪ベトナム≫:作曲の試みと作品の多義性
  ・能登原由美:語らない「ヒロシマ」〜音楽が伝えるもの〜
      **休憩**
  コメンテーターによるコメントとディスカッション

                                  以上

申し込みは不要です。ぜひご来場ください。

ヒロシマと音楽

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 76261総訪問者数:
  • 9今日の訪問者数:
  • 63昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック