第2回公開シンポジウムのお知らせ

昨年9月に原爆の図丸木美術館で開催されたシンポジウム

「『戦争/暴力』と人間ー美術と音楽が伝えるものー」

が好評を博し、シリーズ化されることになりました。

早速、第2回公開シンポジウムが下記の要領で開催されます。

今回のテーマは、「総力戦体制下の芸術」です。

どなたでも参加できますので、ぜひご来場ください。

                記

日時:2019年4月14日(日)午後1時半〜5時
場所:本願寺聞法会館研修室1(京都市)

パネリストと発表テーマ:
1.平瀬礼太(愛知県美術館)
  「戦時体制と絵画・彫刻 1930~40年代」
2.戸ノ下達也(洋楽文化史研究会) 
  「1930〜40年代・音楽文化の諸相」
3.井口淳子(大阪音楽大学)
  「外地、ハルビン、上海から戦後日本の楽壇とバレエ界への連続性」

司会/コメンテーター:柿木伸之(広島市立大学)
コーディネーター:能登原由美(大阪音楽大学)

お問い合わせ:onpitsusya@yahoo.co.jp

主催:日本音楽学会西日本支部
後援:浄土真宗本願寺派総合研究所

*なお、このシンポジウムは、日本音楽学会西日本支部特別例会として
開催されます。(入場無料・非会員歓迎)

パネリストのプロフィール、および第1回シンポジウムの内容については、
シンポジウム専用サイトをご参照ください(下記をクリック)。
https://onpitsusya.jimdofree.com/

ヒロシマと音楽

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 95716総訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック