「ヒロシマ」が鳴り響くとき 能登原由美 著 の案内

「ヒロシマ」が鳴り響くとき 能登原由美 著 の案内

「ヒロシマと音楽」委員会委員長の能登原由美さんが、平和を語り継ぐために… 戦後音楽70年の証言 として、「ヒロシマ」が鳴り響くとき を 2015年11月25日 春秋社から出版されます。 四六判上製カバー装 定価(本体2200円+税)

目次より (全10章構成)

Ⅰ―  「ヒロシマ」はどのように音に表されてきたか
第一章  希望と絶望のベクトル
第二章  「ヒロシマ」という物語の表現
第三章  当事者と非当事者の間

Ⅱ― 「ヒロシマ」はどのように演奏されてきたか

第四章  東西冷戦と平和運動のなかで
第五章  占領からの解放と第五福竜丸事件以後
第六章  世界の反戦・反核運動とともに

Ⅲ―  「ヒロシマ」はどのように聴かれてきたか

第七章  「ヒロシマ」というイメージを聴く
第八章  「ヒロシマ」に時代を読む音楽
第九章  新たな世代における「ヒロシマ」
終 章  七〇年目に振り返る「ヒロシマ」と音楽

*著者の言葉*
音楽は時代を映すという。 ここで私たちにできることは、自らの目で
音楽やその主題に対峙し、 享受していくことではないだろうか。今と
いう時代を読み取るため、 また予測のつかない未来を生き抜くために。

*著者略歴*
能登原由美(のとはら・ゆみ)
広島市生まれ。2003年広島大学大学院教育学研究科博士課程後期終了。学術博士。専門は音楽学で、研究対象は「ヒロシマ」の音楽のほか、イギリス音楽史、日本近代の洋楽受容史。著書に『ヒロシマと音楽』(共著、汐文社、2006年)他、論文多数。現在、「ヒロシマと音楽」委員会委員長。

お問合せは、
春秋社 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-18-6
Tel 03-3255-96112 FAX 03-3253-1384

下記、チラシをご利用下さい。

「ヒロシマ」が鳴り響くとき 

ヒロシマと音楽

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 119125総訪問者数:
  • 35今日の訪問者数:
  • 43昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2020年9月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック