「交響曲第2番ヒロシマ」60年ぶりに広島で再演される その⑥

「交響曲第2番ヒロシマ」60年ぶりに広島で再演される その6

フィンランドの作曲家エルッキ・アールトネンの交響曲第2番「HIROSHIMA」が2015年11月16日、広島市で60 年ぶりに再演されました。
アールトネンの交響曲第2番は、三原市の市芸術文化センターポポロで、12月6日午後4時から開催される大フィルの特別演奏会でも再演されます。指揮は井上道義。
中国新聞備後本社など主催。
特別演奏会 に向けて、三原市芸術文化センターポポロでは、企画展、プレレクチャーを下記のように開催します

アールトネン/朝比奈隆 企画展
「復興と音楽と人々~ヘルシンキ・大阪・ヒロシマ」

期間 : 11月21日(土)~12月6日(日)
時間 : 9:00~17:30
場所 : 三原市芸術文化センター ポポロ ホワイエ
入場無料
問合せ: 三原市芸術文化センターポポロ 電話 0848 (81) 0886

大フィル公演プレレクチャー「ヒロシマと音楽」
    ~ヒロシマを表した多くの作曲家たち~

日時 : 11月22日(日)14:00~16:00
会場 : 三原市芸術文化センターポポロ リハーサル室
講師 : 能登原由美(「ヒロシマと音楽」委員会委員長)
内容 : ヒロシマ被爆70周年メモリアル「大阪フィルハーモニー交響楽団三原特別演奏会」の
    プレレクチャーとして、被爆から70年の間に表された「ヒロシマ」の音楽を通して、
    そのさまざまな表現法や作曲家の思い、「ヒロシマ」に対するまなざしの変化を解説します。
入場無料 (要入場整理券) ※入場整理券はポポロ事務所で配布しています。
問合せ: 三原市芸術文化センターポポロ 電話 0848 (81) 0886

アールトネンの交響曲第2番は、三原市の市芸術文化センターポポロで、12月6日午後4時から開催される大フィルの特別演奏会でも再演されます。
チラシは下記を参照下さい。
三原特別演奏会のチラシ

なお、能登原由美(本委員会委員長)執筆のアールトネンの《交響曲第二番 Hiroshima》をも、参照下さい。
アールトネンの《交響曲第二番 Hiroshima》

 

ヒロシマと音楽

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 143029総訪問者数:
  • 9今日の訪問者数:
  • 50昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2021年12月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック