シンポジウム登壇のお知らせ

下記のシンポジウムにて、能登原由美が「ヒロシマ」の音楽に関連する発表を行います。

立命館大学大学院先端総合学術研究科 
「音楽と社会」研究会主催

シンポジウム:
「音楽すること」が生み出すものーー記憶からのアプローチ

日時:2018年2月11日(日)13:00〜17:00

場所:立命館大学 衣笠キャンパス諒友館829号

内容:
基調講演 13:00〜15:00 

(1)小泉恭子(大妻女子大学/音楽社会学)
  「社会に耳をすますーー記憶の音風景」

(2)能登原由美(「ヒロシマと音楽」委員会/音楽学・西洋音楽史)
  「『ヒロシマ』を歌うのは誰なのか?ーー音楽と記憶、その主体」

(3)中村美亜(九州大学/芸術社会学)
  「音楽表現を通じた記憶の再編とエンパワメント」

ディスカッション 15:15〜17:00

各発表の要旨ほか詳細につきましては、下記の研究会のサイトをご参照ください。
http://www.r-gscefs.jp/?p=7842

ヒロシマと音楽

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 65532総訪問者数:
  • 30今日の訪問者数:
  • 27昨日の訪問者数:
  • 2013年8月18日since:
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

RCC

RCC

RCC

「ヒロシマと音楽」委員会フェイスブック